KOBE UNIVERSITYSOLAC神戸大学 大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター

国際文化学研究科コンテンツ論コースの張晶鑫さんが日本学術振興会「育志賞」の受賞内定

2020.01.16

独立行政法人日本学術振興会(JSPS) が実施している「令和元年度(2019年度)日本学術振興会育志賞」で, 国際文化学研究科 外国語教育講座 コンテンツ論コースの張晶鑫さん(博士課程後期3年)の受賞が内定しました。

張晶鑫さんは,石川慎一郎教授の指導のもと,「現代日本語におけるオノマトペの用法解明と中国人日本語学習者のためのオノマトペ指導に対する提案」というテーマで博士論文研究に取り組んでいます。

日本学術振興会育志賞について
同賞は、天皇陛下が平成21年の御即位20年にあたり、若手の研究者を支援、奨励するため日本学術振興会に贈られた下賜金を元に創設。将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の養成を図ることを目的に平成22年度に創設したものです。対象者は、人文学、社会科学及び自然科学の全分野において、大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び研究活動に取り組んでいる大学院生です。

投稿一覧に戻る