私のフランス語勉強法 その2

おすすめ学習法

私は、現在国際文化学研究科に所属している博士前期課程1回生です。

他大学の学部から、神戸大学へ進学した学生なので、多くの神大生にとって少しイレギュラーな存在で、参考になりにくいかもしれませんが、私自身のフランス語学習への取り組み方を紹介させていただきます。

元々、フランス文化に興味があり、西洋史専攻としてフランス史を勉強していたのですが、

その当時所属していた大学には、フランス史、フランス文化をご専門とされる専任の先生がいらっしゃらず、第2言語の授業は2回生で終わってしまったため、3回生からは、アンスティチュ・フランセに通いながらフランス語を勉強していました。

アンスティチュでは、会話を中心にした実践的なフランス語学習のための講座が行われており、そこでフランス語を発音することの難しさを知りました。

フランス語を勉強し始めてから長い間は、フランス語を「話す」練習をほとんどしていなかったので、今、単語の発音や、リエゾンなどのフランス語特有の文法規則になれず、とても苦労しています。

まだフランス語を勉強し始めの皆さんは、ぜひ今からフランス語を聴いたり、発声をしながらフランス語を書いてみたりすることをお勧めします。

(ただ、このアンスティチュでフランス語を学ぶ楽しさを知り、フランス語力をもっと上達させたいという想いや、フランスの大学に留学をしたいという気持ちが強くなり、留学プログラムが豊富な神戸大学への進学を決意しました。)

現在の自学自習の主な方法としては、フランスのラジオや新聞といったメディアを使って勉強をしています。Journal en français facileは、易しい表現が多く発音もとても聞き取りやすいのでリスニングを鍛えるのにとても有効だと思います。(スクリプトもついています!)

また、フランスの多くのメディアがSNSで情報を発信していますし、Le Monde紙をはじめとする多くの紙媒体メディアはアプリで電子書籍として閲覧できます。スマートフォンをよく利用するという方は、登録してみてはいかがでしょうか。

私自身、そうしてできるだけ多くフランス語が目に入る環境を作るように意識しています。

Youtubeでは“français avec Pierre”というチャンネルがとてもおすすめです。PierreさんとNoemiさんという二人の方が、とても分かりやすい表現でフランス語の文法やフランス文化を紹介しています。設定でフランス語字幕もつけることができるので、リスニングを強化しながら、文法を見直すことができます。

また、個人的に好きでよくみているのが、InstagramのLearn French with cartoonsというアカウントです。The Simpsonsをはじめディズニーなどのアニメにおけるセリフを、フランス語と英語で交互に再生する投稿がされていて、慣用表現などが学べる上にとても面白くて気に入っています。

アンスティチュに通っていて感じたのが、やはり、会話に関しては本当に「慣れ」が必要だということです。神戸大学には、フランス語特任教員としてベレック先生がいてくださったり、フランス語が母語であったり、公用語である国からの留学生がたくさん在籍しています。私も、ネイティブスピーカーである留学生の友達やベレック先生とお話しすることで、フランス語を勉強する上での刺激や向上心をもらっています。

フランス語を「読む」ための勉強は自分でいくらでもできますが、実際にフランス語を使えるようになるためには、それだけでは足りないと思います。ただ、学外進学者として神戸大学に進学して、フランス語を身につけられる環境が整っていることにとても感動しました。

フランス語学習に関して、廣田先生をはじめ、サポートしてくださる先生もたくさんいてくださるので、そうしたたくさんの方々に頼りながら、一緒にフランス語の勉強を頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました