HUB室について

お知らせ

神戸大学コミュニケーションセンターでは、外国語学習のサポートのために、外国語での会話の実践的な場として、ランゲージHUB室を設けています。場所はD棟の4階の階段近くの部屋です。基本的には英会話の場となっているのが現状ですが、前期・後期の授業期間中には、フランス語ネイティブの留学生に、週1回勤務してもらっているので、フランス語による会話練習を行うことが出来ます。学期によって勤務時間が異なるので、興味がある人は、D棟の掲示で時間帯を確認してください。

また、HUB室では、各言語での簡単な読み物の貸し出しを行っています。フランス語では、2013年度より『リサとガスパール』のフランス語オリジナル版を購入しており、現在25冊を揃えています。また、『うっかりペネロペ』フランス語オリジナル版の小冊子本も10冊ほど揃えています。図書館とは別に、HUB室の貸出帳に記入することで貸出しを受け付けているので是非利用してください。また、授業期間以外のHUB室閉室時には、D606の廣田研究室にて預かっていますので、興味がある人は hirotaあっとま-くpeople.kobe-u.ac.jpまで問い合わせてください。

タイトルとURLをコピーしました