KOBE UNIVERSITYSOLAC神戸大学 大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター

高橋 康徳(講師)

顔写真

担当授業

全学
中国語ⅠA, ⅠB, ⅡA, ⅢA, ⅣA, SA
博士前期課程
外国語教育システム演習, 言語対照基礎論, 研究指導演習

専門分野

中国語学, 音韻論, 音声学

メッセージ

私にとって一番楽しい時間は食事の時間です。中国語を学んでからはおいしい中華料理にありつける機会が多くなり、人生でちょっぴり得をした気分です。北京の烤鴨(北京ダック)、上海の小籠包(ショーロンポー)はもちろんのこと、香港の雲吞麺(ワンタンメン)も格別です。西安で食べた新鮮な羊肉串(焼き鳥の羊肉版)も忘れられない味です。台湾でしたら「愛玉(アイユゥー)」というデザートがおすすめです。神戸のグルメを一通り回ったみなさん、次は中国語を勉強しておいしい中華料理を食べにいきましょう!

主要論文

  • Takahashi, Yasunori. (2013). The phonetic change of tone sandhi in Shanghai Chinese, Proceedings of the International Conference on Phonetics of the Languages in China, pp. 139-142.
  • 髙橋康徳. (2011). 上海語声調音韻論における窄用式変調の地位. 『中国語学』 258: 99-114. (第12回日本中国語学会奨励賞受賞論文)

最近の活動

上海語を中心とした中国語方言の声調を音声学・音韻論の観点から分析しています。日本における中国語の音声学・音韻論の基礎を確立し、さらにそれを中国語教育に生かせるように研究を進めていきたいと思っています。

連絡先

研究室:D611
メールアドレス:ytakahashi(アット)port.kobe-u.ac.jp
ホームページ:https://sites.google.com/site/ytakahashichinese/home

教員紹介に戻る