KOBE UNIVERSITYSOLAC神戸大学 大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター

 Belec Cédric

担当授業

フランス語初級B,フランス語初級SB,外国語セミナー(仏),Academic Writing(仏),フランス語学演習,フランス文学特殊講義

 

専門分野

フランス語教授法,音声学,異文化間教育

 

メッセージ

Le français, en quelques mots フランス語ってどんな言語?

Le français est une langue utilisée par 220 millions de personnes dans le monde. Le français est une langue officielle dans 57 États parmi 29 pays.
C’est la seule langue parlée sur les cinq continents avec l’anglais, avec ses spécificités locales et parlée dans le monde entier.
En plus d’être la langue de l’art et de la culture, c’est aussi celle de l’amour, de la technologie, de la science, du commerce et de l’humour.
C’est une langue ouverte sur le monde en tant que passerelle vers les cultures du monde entier.

フランス語は,世界中で2億2千万人の人が読んだり書いたりする言語であり,29カ国の57の州において公用語または公用語のひとつとして使われています。
そして英語以外で唯一5つの大陸で話されている言語で,地方ごとの特色を持ち,世界的に話されています。
芸術や文化の言語であると同時に,愛・テクノロジー・科学・ビジネス・ユーモアの言語でもあります。
世界中の文化への架け橋として世界に開かれている言語なのです。

Sur l’intérêt d’apprendre une langue étrangère. 外国語を学ぶことで得られるもの

Apprendre une langue étrangère, c’est bien sûr obtenir la capacité de communiquer, de découvrir d’autres façons de penser, de se représenter le monde en se confrontant à l’autre.

外国語を学ぶ上で興味深いことは,語学力が身につくことはもちろん,自分と違った考え方を発見できること,そして視野を広げることができることです。

Sur la façon d’aborder une langue 言語にアプローチする方法について

Durant votre apprentissage, il est normal de se tromper. N’hésitez pas à parler en classe afin que l’enseignant puisse identifier vos difficultés et ainsi vous soutenir. Cela devrait vous permettre d’améliorer vos compétences linguistiques.

学習中に間違えてしまうのはごく普通のことです。授業では教師があなたの難点を特定し,サポートできるように躊躇わずにどんどん発言してみてください。語学力を向上させてくれるはずです。

 

主要論文

論文

  • 2019年7月「Développer le lexique des apprenants et développer leur autonomie par la lecture bilingue ― バイリンガル・リーディングによる学習者の語彙力と自律性の向上 ―」関西フランス語教育研究会『RENCONTRE』33号 p.72-76

  • 2018年7月「Les compétences requises de l’enseignant dans le domaine de l’éducation interculturelle ― 異文化間教育における教師の異文化間能力の重要性 ―」関西フランス語教育研究会『RENCONTRE』32号 p.20-24
  • 2013年7月「Apprentissage de la prononciation par la voix chantée ― 歌声による発音演習 ―」関西フランス語教育研究会『RENCONTRE』27号 p.5-9
  • 2012年9月「Le rôle de la chanson au sein des manuels de français langue étrangère ― 外国語教育としてのフランス語教材におけるシャンソンの役割 ―」

口頭発表・講演・セミナーなど

  • 2019年3月「Développer le lexique des apprenants et développer leur autonomie par la lecture bilingue ― バイリンガル・リーディングによる学習者の語彙力と自律性の向上 ―」関西フランス語教育研究会,第33回ランコントル(上田安子服飾専門学校)
  • 2018年11月「Réutilisation des acquis pour une communication plus ouverte et plus riche ― よりオープンでより豊かなコミュニケーションに導くための成果物の活かし方 ―」第16回表現主体の外国語研究会(同志社大学)
  • 2018年3月「Les compétences requises de l’enseignant dans le domaine de l’éducation interculturelle ― 異文化間教育における教師の異文化間能力の重要性 ―」関西フランス語教育研究会,第32回ランコントル(上田安子服飾専門学校)
  • 2017年7月「Présentation de la chanson de Georges Brassens ― ジョルジュ・ブラッサンスのシャンソンの紹介 ―」奈良日仏協会,第136回フランス・アラカルト(生駒市コミュニティーセンター)
  • 2013年3月「Apprentissage de la prononciation par la voix chantée ― 歌声による発音演習 ―」関西フランス語教育研究会,第27回ランコントル(アンスティチュ・フランセ関西 – 大阪)

連絡先

研究室:D616
メールアドレス:belec(アット)dolphin.kobe-u.ac.jp


ホームページ:

教員紹介に戻る