KOBE UNIVERSITYSOLAC神戸大学 大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター solac twitter

Accelerated Course in English (英語選抜上級クラス)

2019.05.09

【2019年度 ACEコース/単位申請 説明会】
日時:2019年5月13日(月)・15日(水)12:30-13:00 国文キャンパス
   (どちらか都合がよい1回に参加してください)
対象:全学部1年生
会場:文・経済・経営・農学部@B109
   国際人間科学・法・工・理・医・海事科学部@B110
申請書:申請書(医学科を除く学部・学科生用)
              英語選抜上級クラスACEコース配属または単位授与を希望する学生のみ要提出
期限:2019年5月22日(水)17 時 
提出先:鶴甲第1キャンパス K棟レポートボックス
備考:外国語教育ハンドブックpp. 8-11 にも単位授与申請とACEコースの概要が記載されています。
          
            ACE説明会ポスター
 
【ACEコース (Accelerated Course in English) について】
神戸大学国際教養教育院では ACE (Accelerated Course in English)という英語の選抜上級プログラムを平成29年度より始めました。ACEコースでは、学生会議に向けた準備を授業内外で英語を使って進めながら、グローバルな環境において対応できる高度な英語運用能力の育成を目指した授業が展開されます。このACEコースには学部1年生のうちTOEIC IP・TOEFL ITPのスコアの上位5-15%(約250名)が学部別に選抜されます。
 
ACE5.jpg
 
 
【ACE開講科目】

全10学部 共通2科目(2019年度入学者) (いずれの科目も卒業に必要な英語の必修科目です。)

全学部 1年次 後期(3Q・4Q)に開講される英語の必修科目で2020年1月下旬の週末に開催される ACE Student Conference 2020 に向けた準備講座です。

Academic English Literacy シラバス ACE Literacy.pdf

Academic English Communication シラバス​ ACE Communication.pdf

 ・全て英語で進みます
 ・外国人教員が担当します
 ・全250名が Academic English Literacy と Academic English Communication で共通教科書使用します  
 
ACE8.jpg
 
6学部のみ 1科目(2018度入学者)

Productive English

 ・全て英語で進みます
 ・外国人教員が
担当します
​ ・開講時期は学部によって異なります
   1年次 後期(3Q・4Q)  開講学部:工・理
   2年次 前期(1Q・2Q)開講学部:文・経済・経営・農
 
◆注意◆
1. 国際人間科学・法・医・海事科学部には Productive English は配当されていないためこの4学部の ACE 生は Productive English を履修できません。
2. Autonomous English は ACE 科目ではありません。そのため ACE 生であっても Autonomous English では非 ACE コースの学生と受講します。
 

【学生会議 Student Conference 】

2019年度は 2020年1月下旬の週末に神戸大学百年記念館で開催します。

  • ​2017年度 学生会議のプログラムはこちら
  • 2017年度 学生会議の写真はこちら
  • 2018年度 学生広報委員が作成したホームページはこちら
  • 2018年度の学生会議のビデオクリップはこちら
  • 2018年度の報告書はこちらACE 2018 Report
 
スクリーンショット 2018-04-30 19.09.37.jpg
 
 
【​修了生からのメッセージ】
 
上瀧 優希さん (2017年度 工学部 入学 ACEコース​ )
 
私はACEコースの授業を通して、実践的に英語を話す方法を学びました。私には大学入学以前から漠然とですが「いつかは英語を話せるようになりたい」という思いがありました。そして入学後、その思いをかなえるために高校時代に使っていた単語帳や問題集に改めて取り組みました。しかしそれだけでは自分が英語を話せるようになるビジョンは全く見えませんでした。「やはり英語を話せるようになるには英会話教室に行くしかないのだろうか…」と迷っていたところでこのACEプログラムのことを知りました。その案内には外国人の先生方に英語で授業をしていただけるとあり「これはスピーキング力の向上に役立つかもしれない!」と思い申込を決めました。

いざ授業を受けてみると、最初は英語での説明に戸惑うこともありましたが先生方の親切なご指導のもと、最後まで楽しく取り組むことができました。また一緒に参加していた他の学生とのやりとりも大きな刺激になりました。なかにはすでに海外へ行った経験があり、ある程度英語を話せるという学生もおり「自分も負けていられないな」と競争心を燃やしつつ、上手なポイントを参考にしたりしていました。授業の中で繰り返し英語を話すうちに自分が上達していくのがとても嬉しく感じられました。

学修を振り返ると、英語を話すことに興味があった自分にとってこのコースは非常に有意義なものでした。読み書きの訓練に加え、授業中に英語で自分の意見を話す機会が普段よりもずっと多かったので、自分の英語に対し自信がつき、スピーキングへの取り組み方も掴めた気がしました。初めて他の人と英語だけで意思の疎通ができた時の喜びは今でも鮮明に覚えています。英語の読み書きが大切なことは言うまでもありませんが、口頭でも英語を表現することができれば外国人の方との交流やビジネス等様々な状況でコミュニケーションの幅はより広がると私は考えています。英語を積極的に話すこの授業での経験はきっと自分の将来の可能性を広げる手助けになるだろうと強く感じています。

 
 
飯田 楓菜さん (2017年度 経営学部 入学 ACEコース​ )

私がみなさんに伝えたいことは「このプログラムのように私たちの身近にあるチャンスはしっかり活用していただきたい」ということです。

私は大学入学当初から「大学在学中に留学したい!」と思っておりましたが、「英語もしっかり勉強しよう」とただ漠然としかこの目標を捉えられていませんでした。そんななか、ある先輩から「大学に入ってからは英語の力はどんどん下がっていくよ」と教えていただき、実際に大学で授業を受けていくと先輩の言わんとしていることがどういうことなのかが具体的に分かってきました。そして「今のままでは留学どころか英語力の維持すら危ない…」と焦っていたときに、このACEプログラムの募集が始まりました。このプログラムではオールイングリッシュで外国人の先生方の授業を受けられることを知り「まずはこれに応募するしかない!」と申込を即決しました。

実際に授業を受けてみるとすべてが英語で進行するため大変に感じたことも何度かありましたが、外国人の先生方がとても明るく指導してくださるので、私は楽しく授業を受けることができました。さらに、英語のライティング力だけでなく、人前で話すスピーキング力も以前より向上したのを実感できました。

ACEコースに配属されて半年がたった今振り返ってみると、このチャンスをしっかり活用できて良かったと強く感じています。この春に2年生になり1年次よりも深く英語に取り組み始めましたが、ACEコースのおかげで昔よりも抵抗なく英語に向き合うことが出来ています。これからは多くの企業がグローバル化していき、これから社会人になる大学生にはよりレベルが高い英語力が求められると私は考えています。ですので、留学に興味がある方はもちろん、大企業で働きたいと考えている方もこのプログラムに参加していただきたいと私は思います。身近にあるチャンスからまずはしっかりと掴んでください。

 
 

【ACEコース・単位申請に関するお問い合わせ】

 大学教育推進機構 外国語第Ⅰ(英語) 教育部会長
 横川 博一 教授 yokokawa [アット] kobe-u.ac.jp

投稿一覧に戻る