2016英語プレゼン・エッセイコンテスト結果発表

神戸大学大学教育推進機構国際コミュニケーションセンターでは,神戸スタンダードに掲げられた「複眼的に思考する能力」・「多様性と地球的課題を理解する能力」・「協働して実践する能力」の向上を目的として,全学英語プレゼンテーションコンテストKUEPCONと,全学英語エッセイコンテストKUEECを実施しています。

2つのコンテストは,与えられた課題に対して,独自の提案を構想して英語で発表するもので,本年度の課題は「神戸大学の英語教育をどう改善するか」でした。2016年度のコンテストには延べ13名の参加があり,厳正な審査の結果,以下のように授賞者が決定しました。

  • 第7回KUEPCON(2016年度実施)授賞者
最優秀賞 中鳥 ありさ(経済・1年)
優秀賞 孫 瑞穂(経済・2年)
優良賞 熊澤 亘洋(理・院)
  • 第3回KUEEC(2016年度実施)授賞者
最優秀賞 該当者なし
優良賞  竹下 千晶(国文・2年)・中鳥 ありさ(経済・1年)
また,2017年1月23日(月)に授賞式が挙行されました。授賞式では,横川博一国際コミュニケーションセンター長が,入賞者に賞状と記念品を贈呈しました。授賞式に引き続き,横川センター長,加藤雅之外国語第1部会長,石川慎一郎大学推進機構教授らが列席して授賞者との懇話会が開催されました。打ち解けた雰囲気の中で,授賞者から神戸大学の英語教育に対する様々な期待や要望が語られ,実り多い意見交換の場となりました。
(国際コミュニケーションセンター 石川慎一郎)

コンテストウェブサイト

http://kuepcon.blogspot.jp/kuepconandkueec_2017.jpg