西出佳代(講師)

t-tantojyugyo.gif
(共通教育)ドイツ語初級,独語IIIB, 独語IVA
(大学院)言語対照応用論特殊講義,外国語教育コンテンツ論演習

t_senmonbunya.gif
ルクセンブルク語記述, ドイツ語ゲルマン語学

t_message.gif
もし関西「弁」が関西「語」になったら...そんな想像をしたことがある人はいるでしょうか。私が研究するルクセンブルク語は、世界中で少数言語や方言が消滅の危機に瀕する中、ドイツ語ルクセンブルク方言から、ルクセンブルク大公国の国語へと昇格した稀な例です。
ところで、国際的に、もしくはグローバルで通用する人材と聞いたとき、皆さんはどんな人をイメージしますか?おそらく真っ先に、世界の「共通語」とされる英語が堪能な人を思い浮かべるのではないでしょうか。ある一つの特定の言語を共有することは、コミュケーションツールとしての「言語」という側面を見たとき、非常に経済的です。しかしながら、「ことば」にはその言語共同体のアイデンティティを支える柱としての重要な文化的側面があります。固有の文化としての個々の「ことば」を学ばずして、真の「国際理解」は可能なのでしょうか。英語だけで満足・安心してしまうのは、少し早いかもしれません。
最後に、人は他者を通して自己を認識します。多くの他者に接することは、自己をより多面的に客観的に見つめなおすことにもつながります。SOLACで、様々な「他者」に触れてみませんか?
Wer fremde Sprachen nicht kennt, weiß nichts von seiner eigenen.
(Those who know nothing of foreign languages know nothing of their own.)
Johann Wolfgang von Goethe(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)


t_ronbun.gif
  • 西出佳代 (2010)「ルクセンブルク語における補文標識の屈折」『ドイツ文学』日本独文学会、第140号(Band 8/Heft 2)、127-142.(第51回ドイツ語学文学振興会奨励賞受賞論文)
  • Nishide, Kayo (2012) "Ziler a Bedeitunge vun der Linguistik vum Letzebuergeschen a Japan" 『研究論集』北海道大学大学院文学研究科、第12号、137-155.(執筆言語:ルクセンブルク語)
  • Nishide, Kayo (2014) „Das Vokalsystem des Zentralluxemburgischen. Eine Beschreibung anhand einer akustisch-phonetischen Analyse" (Forschungsberichte) In: Neue Beiträge zur Germanistik, Japanische Gesellschaft für Germanistik, 149, 278-295.
 

t_katsudou.gif
口頭発表
  • Nishide, Kayo "Beschreiwung vum Phonemsystem vum Lëtzebuergeschen. Eng deskriptiv linguistesch Approche" Colloque - Lëtzebuergesch Sprooch- a Literaturwëssenschaft, Université du Luxembourg, 11.2012.(発表言語:ルクセンブルク語)
  • Nishide, Kayo „Präteritumschwund im Luxemburgischen" Sommerakademie „Deutsche Linguistik", Universität München, 8.2015.
著書
  • 西出佳代(2015)『ルクセンブルク語の音韻記述』北海道大学出版会
  • 河崎靖・大宮康一・西出佳代(2015)『ゲルマン語基礎語彙表』大学書林
その他
講演等
  • 西出佳代「小さな国と3つのことば:ルクセンブルクの言語状況」北海道大学北方研究教育センター主催サイエンスカフェ「第10回ツンドラカフェ」、於北海道大学、7.2015.
メディア取材等
  • "Magazin - Eng Lëtzebuergesch-Expertin a Japan" (Radio Télévision Luxembourg)(2013年5月28日放送)。
科研費
  • 研究課題:「ルクセンブルク語における動詞類の網羅的な体系記述―形態・統語・意味論的観点から―」(2015-2019年度)

t_renrakusaki.gif
研究室: D607
メールアドレス:knishide(アット)port.kobe-u.ac.jp