7月15日(水)ドイツ現代演劇に関する講演会案内


講演概要



日時:2015年7月15日(水)13:20 - 16:40
「ドイツ現代演劇と社会との関わりとは?ハンブルク・ドイツ劇場とクリストフ・シュリンゲンジーフを 
例に」
講演者:ハンブルク・ドイツ劇場専属女優 原サチコ 氏
会場: 神戸大学 鶴甲第一キャンパス N302
主催:神戸大学外国語第?教育部会
共催:神戸大学大学教育推進機構国際コミュニケーションセンター
企画:国際コミュニケーションセンター未修外国語教育企画委員会
問合せ:福岡麻子准教授 asakofukuoka[AT]silver.kobe-u.ac.jp

ドイツ語圏の公立劇場専属俳優となって12年目の原サチコ氏をお招きし、講演会を開催します。現在所属の 
ハンブルク・ドイツ劇場をはじめとするドイツ公立劇場、原氏が「自分の人生を大きく変えた」というアク 
ション芸術家クリストフ・シュリンゲンジーフなどをテーマに、ドイツのアクチュアルな演劇事情について 
お話いただきます。非母語話者でありながらドイツ語圏の諸劇場で活躍する原氏がどのようにドイツ語と向 
き合ってこられたのかについてもお聞きします。