木原恵美子(学術交流支援研究部門 准教授)

Emiko KIHARA
Ph.D. in Linguistics (Kyoto University, Japan)
Associate Professor, School of Languages and Communication, Kobe University

t-tantojyugyo.gif
全学共通科目:
English Communication A1/2, B1/2, Autonomous English A1/2, English Literacy B1/2, English Productive B1/2, English Advanced C (海外研修 ワシントン大学夏季英語研修 グリフィス大学春季大学研修)

大学院科目(博士前期課程):
外国語教授学習論特殊講義、外国語教育コンテンツ論演習、フォリオ・論文指導演習I,II

t_senmonbunya.gif
英語学、意味論、認知言語学、構文文法
L2 writing, Cognitive Linguistics, Construction Grammar

t_message.gif
学部生へのメッセージ:
「外国語を運用することで自分の世界を広げていくこと」は、これから社会人になる大学生にとって、大学時代に積んでおくべき経験の1つになると思います。大学卒業時には、大学入学前の自分よりもあらゆる面において成長したと言えるように、共に、地道な努力を積み重ねてゆきましょう。

大学院生へのメッセージ:
「英語の文法現象を認知文法の観点から記述すること」「英語の文法現象の学習メカニズムを認知言語学の観点から分析すること」「英語の文法に関する教授法の開発」に興味がある学生を歓迎します。当研究室において論文の執筆を希望する学生はまずはemailでご連絡を。

t_ronbun.gif

[研究論文 Research Paper]
  • 小熊猛,町田章,木原恵美子(近刊)『認知統語論』 認知日本語学講座第3巻 山梨正明・吉村公宏・堀江薫・籾山洋介(編)
  • Wang, Marian and Emiko Kihara (2016)
    "E-Debating for Cross-border Communication and Critical Thinking Skills."  The Journal of Teachers Helping Teachers, Volume 4, Issue 1, pp. 156-168.
  • 木原恵美子,ピンテール ガーボル,直井雅一(2015)「短期海外研修で変化する日本人英語学習者の記述力と気づきに関する一考察」 『神戸大学国際コミュニケーションセンター論集12』 pp. 40-53.
  • Pintér, Gábor and Emiko Kihara (2015) "Broad and Narrow Focus Perception in Japanese Learners of English before and after a Short-Term Study Tour" Journal of the School of Languages and Communication, Kobe University Vol.12, pp. 30-39.
  • 木原 恵美子(2013)「日本人英語学習者の構文のパターンとその変化」『言語の創発と身体性』 pp. 619-628、東京:ひつじ書房
  • 木原 恵美子(2011)「使役移動構文における構成要素の意味合成と構文スキーマによるカテゴリー化」『日本認知言語学会論文集11』 pp. 181-190、日本認知言語学会
  • 木原 恵美子 (2009) 「転移修飾表現の修飾構造とその動機付け」『認知言語学論考No.9』山梨正明他(編)pp. 177-209、東京:ひつじ書房
  • 木原 恵美子(2006)「形容詞コピュラ文の認知言語学的分析:描写構文と結果構文との接点」『言語科学論集12』(京都大学大学院人間・環境学研究科言語科学講座)pp.1-17.

[翻訳書 Translation]
  • 木原 恵美子(2011)『認知文法論序説』第6章と第7章、山梨正明(監訳)東京:研究社 [Langacker, Ronald. (2008) Cognitive Grammar: A Basic Introduction. Oxford: Oxford University Press.]

[口頭発表 Presentation]
  • Kihara, Emiko (2015) "A Cognitive Approach to Conceptual Development of Conditionals in Japanese EFL Learners' Writing" Symposium on Second Language Writing, Auckland University of Technology, New Zealand, November 21st.

[ポスター発表 Poster Presentation]
  • 木原 恵美子、ウアン・マリアン、直井雅一(2017)「Rhetorical Structure Theoryを用いたEFLディベートのテキスト分析」日本第二言語習得学会、静岡芸術大学、6月4日

[科研費 Grants-in-Aid for Scientific Research]
  • Argumentative and Persuasive Discourse in Debating through Collaborative E-learning Projects.
    (2016-2019) 挑戦的萌芽研究
    ​ 
    研究課題16K13263 (研究代表者 Wang, Marian 研究分担者 木原 恵美子)

[指導修士論文]
  • Naoi, Masakazu. Using a Web Application to Enhance EFL Learners' Awareness of Hedging in Academic Writing
    . February 2017. (Master's Thesis submitted at Graduate School of Intercultural Studies, Kobe University) ​ (Web Application he made: http://jutri.org/smc/ )


t_katsudou.gif
最近は日本人英語学習者による構文研究を主に行っています。また、修士課程の院生1名(研究テーマ:日本人学習者の時制に関するエラー分析)の研究指導も行っています。

t_renrakusaki.gif
研究室: D620
Email: kihara.emiko [AT] crystal.kobe-u.ac.jp