新しい英語支援プログラムKALCSが始まります

国際コミュニケーションセンターでは,2010年度後期より,
神戸大学基金を得て,神戸大学の教員・職員・院生・学部生を対象とした
新しい英語支援プログラムKALCS(Kobe University Academic Language and Communication
Support)を開始します。

文科省GPプログラムにおける先進的なプレゼン教授法研究の成果をふまえ,
KALCSでは,プログラム専任のネイティブ英語講師が,レベル別に2種類のサービスを提供します。

(教員・院生用)・・・個人チュートリアル
国際学会での口頭発表のための「プレゼン指導」,または,海外雑誌への投稿のための「論文英語チェック」を個別に受けることができます。
完全予約制。午前中1回90分。ご希望の場所(全キャンパス,研究室)まで講師が出張します(無料)。

(学部生・院生・職員用)・・・プレゼン入門ゼミナール
英語プレゼンの入門セミナーです。1回40分,週1回,5回完結です(5回目はミニ発表会)。
1クラス4名の少人数制で,ネイティブ講師が基礎から親切に指導してくれます。
プレゼンの入門に,また,全般的な英語オーラル能力を伸ばす機会として,是非ご活用ください。
事前申込制です。

いずれのプログラムも10月冒頭に募集を開始し,第2週目からスタートする予定です。
詳細は国際コミュニケーションセンターのウェブサイトに掲載します。

神戸大学の国際化を支えるKALCSプログラムにどうぞご期待ください!

本件に関するお問い合わせは下記まで。

神戸大学国際コミュニケーションター内 KALCSプロジェクト委員会
石川慎一郎准教授
iskwshin [at]gmail.com